日本最大・スタンプビジネスとウエアプリント、オリジナル&SPグッズの商材&製造機器が一堂に集う展示会

東京会場・大阪会場
06-6924-6655 お問い合わせ 06-6924-6655

オーダーグッズビジネスショー東京2016・詳細レポート

オーダーグッズビジネスショー東京2016では、ハンコ&スタンプ、ウエアプリント、オリジナルグッズ&SPグッズに関連するメーカーやディーラー、下請け業者94社が出展しました。各種製造機器、資材、サービスなど最新情報をPRし、多くの来場者で賑わいました。
それでは、各出展社がどんな商品、サービスを出展したのか、ウエアプリント、オリジナルグッズ&SPグッズの出展社を中心に細かく見ていきましょう。

注目のUVプリンターの最新機が登場

・トムスは豊富なボディと最新鋭のプリントシステムが揃った工場でのウエアプリント請け負いをPR。様々な手法でプリントされたサンプルも掲示し、来場者から注目を集めました。
・ミマキエンジニアリングは、10月に発売した「UJF-6042MkII」を展示。「UJF-6042」の後継機に当たる機種に多くの来場者が集まりました。印刷速度が120%に向上しランニングコスト低減など新たな性能に注目です。
・手持ちの封筒に緩衝剤を入れてクッション封筒を自作できる「エアパック」や49×49㎜の小型名刺「mini」などの紙商材を提案した山櫻。
・アメイジングは印章彫刻システム「スーパー印房」やオリジナルテープを1本から作製できる「テープクリエーター」などOGBSに役立つ内製ステムを紹介。
・レーザーコネクトはzing製、エピローグ製のレーザー加工機を展示。木板に写真彫刻したオブジェなど、様々なサンプルとともに来場者に紹介しました。
・クイックアートは白+CMYで濃い黒を表現できるRIPソフト「プリンターステーション5+」を提案。
・マークシティーは自由にカスタマイズできるWEB上のデザイン・販売・受注管理ツール「デコネットワーク」のPRや、ワンタッチで生地が固定できるマグネット刺繍枠の展示をおこないました。
・シマヅは豊富な透明アクリルやツゲ印材「ゆめいん」と、それに対応した「ゆめ印章ケース」を初披露。サイズは10.5㎜丸、12㎜丸の2種類。このほか、スマホ写真が様々な商品に簡単にプリントできる「モノプリント」サービスの提案しました。
・合い鍵ビジネスを紹介したフキ。写真は防犯性の高い合い鍵が複製できるマシン「FC-30型」。初心者も導入しやすい機械です。
・ユニバーサルレーザシステムズはVLS.2.30を多数のサンプルやモニターと共に展示。モニターに映像を流してPRしました。
・TWENTYは初めてウエアプリントに取り組むショップをバックアップするためのトータル下請けサービスを提案。

最新機を披露したミマキエンジニアリング

最新機を披露したミマキエンジニアリング

豊富なボディを展示したトムス

豊富なボディを展示したトムス

 

昇華転写ビジネス提案にホワイトインク洗浄キットも

・ユーロポートは気軽に小物昇華転写ができる新商品「ワープボックス」を前面に、豊富な商品サンプルと共にPR。大型の熱プレス機「ゼウス」を使ったタオルやウエアへの昇華転写の実演もおこないました。ブースにはオーダーグッズ全般の機材、資材が揃えられ、終日来場者で賑わいを見せました。
・グラボテックはコンピューター箔押し機を出展。鉛筆を一度に複数セットすれば、高級感のある箔押し加工が短時間でできるのが特徴です。その他、レーザー加工機「LS100」による実演加工もおこないました。
・エプソン販売は人気の「SC-F2000」のPRの他、8月末に発表されたメンテナンスインクが35%も削減できる「ホワイトインク洗浄キット」の提案をおこないました。
・グラフィックサポートはカラープリンター「DocuPrint C5000d」を出品。今年、新たに発売した表彰状のテンプレート集「ザ・賞状文例150」や年末商戦向けにカレンダーをクリアファイルに印刷する「2017年度版カレンダーテンプレートセット」などのサンプルもアピールしました。
・中外写真薬品の「my bunko」は、文庫本のような体裁で自由に写真を入れることができる注目のフォトブック。
・アステムは様々なラバーシートを提案。ソフレックスの重ね貼りの現物を用意し、手にした来場者はその薄さに驚きを隠せなかった様子。
・トーヨーコーポレーションはウエアプリントをトータルで提案。ブラザーのGT-3シリーズ、理想科学工業のゴッコプロシリーズを使ったシルク印刷、沖データのVINCIを使った抜ける転写紙など、様々な資材、機材に注目が集まりました。
・テクノロジックはチタン彫刻に対応した「MultiBox G NexT」や「FitBOX」などを展示。手書き判下をデータ化して簡単にゴミ取りなどができるソフト「ビットマイザー」も人気でした。
・長瀬産業は世界初の昇華トナーを搭載した「デナテックスイスト」の小型版を参考出品。
・アトムシステムズはデザインシミュレーター&工程管理を連動できるソフト「スーパーアトム」「Dスタジオ」「MMS」をPR。

多くの来場者でごったがえすユーロポートのブース

多くの来場者でごったがえすユーロポートのブース

 

エプソンは白インクの消費を抑えるキットを披露

エプソンは白インクの消費を抑えるキットを披露

 

シャイニーの新・卓上浸透印製造機と豊富なギルダンのボディ

・ギルダンブランズ・ジャパンは豊富なボディを展開。秋冬にむけてフリースの提案をおこなったほか、同社ブランドの「ギルダン」、「アンビル」、「コンフォートカラーズ」をラインナップ。また、簡単に仕入れができるサイトの紹介もおこないました。
・システムグラフィは昇華転写プリントやデザインツール、シザー社のラバーシート、CMYの掛け合わせで濃い黒が出力できるRIPソフトとプリンターを組み合わせたトナー転写システムなどをトータル提案しました。
・ピクアは酒瓶やペットボトルなどの円筒素材に、絵柄をフルカラー転写するシステム「シュリンQ」を初披露。シュリンクフィルムを素材に巻き、熱を加えることでフィルムが収縮して素材に圧着する。ブースではシュリンQの実演もおこなわれ、終日、多くの来場者で賑わいました。
・エドバン ファクトリーは高品質なウエアプリント下請けをPR。シルク印刷とガーメントプリンターを組み合わせた「スクリーンインクジェット」など、新たな製法の提案もおこないました。
・シャイニー製品の日本総代理販売店で知られるスタンテックは、シャイニースタンプを自作できる卓上システム「S-2300」を参考出品。世界的に有名なシャイニーホルダーを使って内製できるのは大きなメリット。発売は来年春頃を予定しているそうです。
・小ロットの各種ウエアプリントを請けるムラタック。写真はボディ全面に昇華プリントしたTシャツ。プリントしてから縫製するのではなく、ボディ自体にプリント。袖の繋ぎ目や首周りまで綺麗な仕上がりです。
・オリジナルタオルの製造や名入れが得意のタオルショップ・ジェイピー。実際にお客から受注したタオルをブース全面に飾り、高い技術力をアピールしました。
・SPグッズの商材を販売するハンディは、新商品のマグネットバッジを出品。バッジはピンク、ブルー、パープルの3色展開。新しいノベルティを作りたい、というSP業者は注目です。
・ワカヤマは昇華転写用のコーティングをPR。高品質な国産コーティングができるとあって、多くの来場者が相談に訪れました。

新型の卓上浸透印製造機を参考出品したスタンテック

新型の卓上浸透印製造機を参考出品したスタンテック

アンビルやコンフォートカラーズのボディも出品したギルダン

アンビルやコンフォートカラーズのボディも出品したギルダン

タジマ工業の新たな刺繍機とスマホ関連の名入れ商材

・曽田印刷は子供が描いた絵を特殊な印刷技術でフルカラープリントする「お絵かき水筒」を出品。
・PANKAN/ユー・エス・エスは、保存食の缶詰パンのパッケージにオリジナルプリントができる「PANKAN」を紹介しました。
・コヤマトレーディングは豊富なミラー商材とミラーへの名入れをPR。コンパクトサイズから卓上に置く中型タイプまで、多種多様なミラーを出品しました。
・PEARL MAZIK/RKTは、直径6~8㎜の淡水パールに職人がイニシャルなどを手彫りするネックレス「PEARL MAZIK」を紹介。実演もおこないました。
・テクノプロモーションはドイツ・フォーエバー社製の色つき転写紙を使ったプリント実演をおこなった。カットやカス取り不要。色は鮮やかな緑など国内では見かけない表現に注目が集まりました。
・ティーオークリエイトはシリコン以外の様々な素材に貼ることができる転写紙「スマートペーパー」を出品。用途が広く、段ボールや発泡スチロールはもちろん、タトゥーシールとして皮膚に貼ることもできるそうです。
・タジマ工業は横山特殊ミシンと共に新型刺繍機「TMBR」シリーズを関東初披露。刺繍ビジネスに関心のあるウエアプリント業者で賑わいました。
・モバイル関連のアクセサリー商材を扱うプラタは、USBメモリーやスマホカバー、モバイルバッテリーなどの名入れ商材を出品しました。

新型刺繍機「TMBR」シリーズを出品したタジマ工業と横山特殊ミシン

新型刺繍機「TMBR」シリーズを出品したタジマ工業と横山特殊ミシン

スマホ関連のブランク商材を豊富に揃えたプラタ

スマホ関連のブランク商材を豊富に揃えたプラタ

 

LEFの新型機と3D真空熱転写機

・今治タオルメーカーの新居田物産は、サークルや部活動に利用できる小ロットのオリジナルタオルを紹介しました。
・ユー・イー・エスはボールぺンや革小物などレーザー加工用の商材をPR。
・アライデザイン工芸はウエアプリントから看板・サインまで、あらゆるオーダーグッズの下請けをPR。OGBS初心者にとっては心強い味方です。
・平和堂の「ReQUE(リクエ)」はタッチパネルを使用して年賀状、挨拶状、名刺、コピー名刺の受付を店員に代わっておこなうセルフオーダー機。テンプレートが備わっており、その場でデザインと文章を選択した後、送り先などの住所や名前を入力する仕組み。作成した印刷データをプリンターなどに送り印刷します。
・パイオテックは小物昇華転写、トナー転写を中心にウエアプリント、オーダーグッズ作製に関する商材と機材を出品。3Dの真空プレス機や安価なトイプレスのほか、参考出品として「3Dカットラバーシート(仮)」や白トナー用プリンターなど、これからの発売が楽しみになる商品を並べました。
・友貴はシルク印刷の製版機を中心に出品。高解像度で製版できる「スクリーンマイスター」の説明もおこなわれました。
・北斗徽章はわかりやすい価格の徽章を提案したほか、新商品の「LEDファンハンド」、1枚からオリジナルカードが作れる「カードビズ」を提案。
・マスターマインドは低価格の4色ガーメントプリンター「MMP8130」とエプソンの「SC-F2000」を出品。用途に応じた4色機と白インク機の使い分けを提案。
・ダイヤミックと三菱製紙は新型の製版機「MDS-360(仮)」を参考出品。サーマルヘッドにカバーをつけ、枠がセットしやすいなどの改良がおこなわれています。他にもブラザーの「テープクリエーター」や沖データの「VINCI」によるウエアプリントも展示しました。
・ローランド ディー.ジー.は年頭に発売された厚物UV「LEF-300」と金属に高精度な打刻ができるメタルプリンター「MPX-90」を出品。サンプルを手に取る来場者の姿が見られました。

LEF-300を出品したローランドDG

LEF-300を出品したローランドDG

パイオテックはトナー転写システムをはじめ、3D真空転写機も出品

パイオテックはトナー転写システムをはじめ、3D真空転写機も出品

 

カメラ付きレーザー加工機に金属加工用レーザー、小ロットオリジナルネクタイも

・武藤工業は厚物UVプリンター「VJ-426UF」とガーメントプリンター「VJ-404GT/405GT」を出品。OGBSにとって注目の2機種だけに、多くの来場者が同社ブースを訪れました。
・ブラザー工業、ブラザー販売はオーダーグッズ向けの様々な機材を展示。浸透印が卓上で作れる「スタンプクリエーター」、オリジナルテープが作れる「テープクリエーター」、ガーメントプリンター「GT-3」のほか、刺繍機や「スキャンカット」などの展示実演で賑わいました。中でも来場者が驚いたのが、ブラザー製のYAGレーザー機「LM-2500」(専用エディタ付き)。高精細な加工サンプルが並べられ、OGBS業者を驚かせました。
・ポリ・テープ・ジャパンは新商品の「ポリフレックス 3s-TURBO」を出品。わずか3秒のプレスで圧着できるラバーシートで、仕上げプレス不要、ホットピールだから冷めるまで待つ必要がないのが特徴。
・コムネットはレーザー加工機「C180II」とCCDカメラを設置したタイプの「SPIRIT GLS」を展示。印刷されたトンボなどのマークをCCDカメラで読み取り、自動で位置調整、拡大縮小、傾き補正をおこなう機能をPRしました。
・ピクトリコは製版用フィルムに濃くプリント出来る製版システムを提案。一般的なプリンターと出力の差を比べるため、ライティングテーブルを用意し、来場者に確かめてもらう様子が見られました。
・エーレーザー・ビジネス研究所はレーザー加工機の展示と共に、マーキング剤を使わない金属への加工、ガラスの切断などハイレベルな加工技術を駆使したサンプルを展示しました。
・ウィズアスは「サイドビジネスに」とiPhoneの修理サービスを提案。40、50%の高利益が見込める注目のサービスです。
・山城工芸はエコバッグを中心としたウエアプリント、オリジナルグッズの総合下請けを提案。エコバッグが得意な下請け工場として注目を集めました。
・初出展のスズキトミーはジャガード織から昇華転写まで、豊富なネクタイを小ロット、低価格で作るサービスをPRしました。

コムネットはCCDカメラ付きレーザーでアクリルカットの実演をおこなった

コムネットはCCDカメラ付きレーザーでアクリルカットの実演をおこなった

ブラザーは新型の金属マーキング用YAGレーザーを出品

ブラザーは新型の金属マーキング用YAGレーザーを出品

スズキトミーはオリジナルの小ロットネクタイをPR

スズキトミーはオリジナルの小ロットネクタイをPR