日本最大・スタンプビジネスとウエアプリント、オリジナル&SPグッズの商材&製造機器が一堂に集う展示会

東京会場・大阪会場
06-6924-6655 お問い合わせ 06-6924-6655

OGBS2017に多数のご来場、ありがとうございました!

OGBS2017の様子
9月22日、23日の2日間、東京・池袋の「サンシャインシティ 展示ホールC・D」で、日本最大のスタンプ、ウエアプリント、オリジナル&SPグッズに特化した展示会「オーダーグッズビジネスショー(OGBS2017)」がおこなわれました。

今回も同展示会2回目となる2フロア開催となり、90社が出展しました。

OGBS2017の様子
オーダーグッズビジネスショーではレーザー加工やウエアプリント、印章・印刷業、SPグッズなどの加工ビジネスが多角的に展示され、2日間の総来場者数は3713人と昨年より約2%増加しました。今年は初日が平日、2日目が祝日(土曜)開催でしたが、来場者数は平日の方が多くなりました。この傾向はここ5年ほど続いているため、「平日来場者」の増加は定着したと考えられます。出展社数はほぼ横ばいだですが、新規出展社を見ると様々な業界からの参入が活発化していることがわかります。

OGBS2017の様子

オーダーグッズビジネスショーでは出展社を「ハンコ・スタンプ」、「オリジナルグッズ・SPグッズ」、「ウエアプリント」の3カテゴリに分類。
ハンコ・スタンプでは珍しい素材の印材や最新型の彫刻機など印章関連商材がズラリと並んびました。
オリジナル&SPグッズでは、レーザー加工、厚物プリンター、フォトグッズ、スマホ関連、合い鍵など様々な資機材が集合した他、SPグッズ関連の出展も定着してきました。特に厚物UVプリンターやレーザー加工機は有名メーカーの最新機種が勢揃いし、来場者から注目を集めました。
ウエアプリント関連では、転写や刺繍など定番製法に関連する資機材が登場。ガーメントプリンターは主要メーカーの最新モデルが一堂に会したほか、リコーやブラザーの新型機が披露され、多くの来場者が一目見ようと集まりました。

OGBS2017で行われた講演会
会場内では恒例イベントとして「新商品大集合コーナー」、「スタンプラリー」が開催されたほか、「記念講演会」も実施。初日はOGBSマガジン編集長による「オーダーグッズの現状」、2日目は銀行のプロによる「銀行印のゆくえ」をテーマに講演がおこなわれ、2日間で約60人が聴講しました。
来年の「オーダーグッズビジネスショー2018」は同会場にて、9月頃開催予定です。日程が決定次第、当WEBサイト上でお伝えします。