日本最大・スタンプビジネスとウエアプリント、オリジナル&SPグッズの商材&製造機器が一堂に集う展示会

東京会場・大阪会場
06-6924-6655 お問い合わせ 06-6924-6655

個性豊かな印章関連商品が並ぶハンコ・スタンプブース

今年もハンコ・スタンプブース系には新商品やオリジナル商品など注目ポイントがたくさん。ここでは印材・印章ケース・朱肉などをあつかう出展社を紹介します。

 

蒔絵の印章ケースや銘木の印材

 

黒水牛 現代蒔絵シリーズで知られる一ノ瀬印材店は、「現代蒔絵OA(オーバーオール)ケース」を出品。特徴は、ケースの両面全体に花の模様があしらわれた華やかなオーバーオールデザイン。絵柄はすみれ、ゆり、カトレアなど全22種類をラインナップ。そのほか、黒水牛印材に日本の伝統工芸技法「蒔絵」を施した「黒水牛蒔絵印材」や、「蒔絵同柄ケース」、「蒔絵同柄OAケース」、「象牙ハード印材」、「当日特価ケース」などを出品予定です。

 

一ノ瀬印材店の「現代蒔絵 OA(オーバーオール)ケース」

一ノ瀬印材店の「現代蒔絵 OA(オーバーオール)ケース」

 

「屋久杉印材」をあつかう永江印祥堂もOGBS2018に出展。屋久杉印材は、天然記念物に指定されている「屋久杉」の土埋木などの特別な許可を得た材料を使用し、印材向けに加工した商品。同商品のほか「智頭杉印材」や「神楽ひのき印材」を出品予定。また永江印祥堂は、販売代理店や印材取扱業者を募集中。チタン印章の彫刻業務も受付中です。

 

永江印祥堂の展示ブース

永江印祥堂の展示ブース(昨年の展示会の様子)

 

日本中央システム 印章ケース&印材事業部の注目商品は、銘木スネークウッドを原料に制作した印材「Dio スネークウッド」、スネークウッドと純チタンのコラボレーション商品「Dio TITAN」。そして、チタン製印章への「持つと重い、冷たい」などの不満の声を解消するために開発された、持ち手がABS樹脂、印面部がチタンの「NEW LIFE TITAN」、純チタンに一工夫したブラスト加工を施した「JPブラストチタン」です。またその他の印材や印章ケース、化粧箱のほか、印守袋などの印章資材も出品予定です。

 

日本中央システムの「NEW LIFE TITAN」

日本中央システムの「NEW LIFE TITAN」

 

豪州産牛角(オランダ水牛)専門店の宮本印材製作所は、各種サイズ、各種ランクの豪州産牛の角のほか、アクセサリーを出品予定です。上質な牛角印材を仕入れたい印章店は宮本印材製作所のブースにいってみましょう。

 

宮本印材製作所の展示ブース

宮本印材製作所の展示ブース(昨年の展示会の様子)

 

「日光印(にっこうじるし)」ブランドで知られる朱肉・スタンプの老舗メーカー、モリヤマは、練り朱肉のような赤茶色が特徴の「日光印クリア朱肉濃色」のほか、「日光印御朱印用大判朱肉」、「日光印四季朱肉」、「日光印沈金山中塗朱肉」を出品予定です。モリヤマの練朱肉は自然環境に害を与えない有機顔料を使用しており、鉛、水銀、カドミウムなどの重金属を一切含んでいないという特徴があります。

 

モリヤマの「速乾朱肉 日光印クリア朱肉 濃色」

モリヤマの「速乾朱肉 日光印クリア朱肉 濃色」