日本最大・スタンプビジネスとウエアプリント、オリジナル&SPグッズの商材&製造機器が一堂に集う展示会

東京会場・大阪会場
06-6924-6655 お問い合わせ 06-6924-6655
2019.08.29

オーダーグッズ製作の定番マシン、「レーザー加工機」「UVプリンター」「彫刻機」が一堂に揃います。展示会の見どころを紹介!

オーダーグッズビジネスの現場では、様々な製造システムが使われています。中でもレーザー加工機、厚物UVプリンター、彫刻機は、定番のマシンとして広く普及しています。OGBS2019では、そうした製造システムの最新機種を見ることができます。実機を間近で見たりプリントサンプルなどをチェックできます。マシンの導入を検討している方はぜひ会場までお越しください。

 

出品予定のレーザー加工機、UVプリンター、彫刻機

レーザーコネクトは、新型のレーザー加工機を多数出品。エピログレーザーの最新フラッグシップモデル「FusionPro」、HGレーザーの「HGTECH」ブランドを展示します。
「Fusion Pro」シリーズは高出力で広い加工エリア、多機能が特長な最新モデル。トップドアとレーザーヘッドにカメラが標準搭載されていて、加工テーブル全面の様子を確認することができます。プリントしたアクリル板のカットや、複雑な形状の商材に名入れするための位置決めなどにも役立ちます。
ブースでは加工デモもおこなわれるので、最新機の実力を見たい方は必見です。

 

レーザーコネクトの展示ブース(昨年の展示会の様子)

レーザーコネクトの展示ブース(昨年の展示会の様子)


 

コムネットは、GCCのレーザー加工機「S400」(80W)による実演展示をおこないます。「S400」は、CO2とファイバーを両方搭載できるハイブリッド仕様で、十分な加工サイズや出力、加工速度を備えた新機種。レーザーユーザーからは「コストパーフォーマンスが高い」と評価されています。
コムネットブースでは、レーザー加工用の商材も多数展示予定なのであわせてチェックしましょう。

 

コムネットで展示予定のレーザー加工機「S400」


 

ヨコハマシステムズは、ユニバーサル社製のレーザー加工機「VLS3.50」や、金属素材対応の3Dファイバーレーザーマーカー「TASTE」を出品予定。
また同社では木材からアクリル、ラバー、布、金属製品まで様々なレーザー加工ビジネスの相談に乗ってくれます。レーザーユーザーは、ぜひヨコハマシステムズのブースをご覧ください。

 

ヨコハマシステムズで出展予定のファイバーレーザーマーカー「TASTE」

ヨコハマシステムズで出展予定のファイバーレーザーマーカー「TASTE」


 

レーザー加工全般の悩みなら、エーレーザー・ビジネス研究所が頼りになるでしょう。同社のブースでは、細字のゴム印作製のノウハウや、螺鈿細工、ステンレス製品への彫刻(セルデックの焼付けとは別)をはじめとする小型炭酸ガスレーザー彫刻機の有効な使い方を紹介します。

 

エーレーザー・ビジネス研究所の展示ブース(昨年の展示会の様子)

エーレーザー・ビジネス研究所の展示ブース(昨年の展示会の様子)


 

ローランド ディー.ジー.は、厚物UVプリンター「VersaUV LEF-300」を出展します。樹脂やアクリル、合皮、本革、金属、ガラスなどの素材にダイレクトプリントできます。また版権物の製作にも正確で美しい色表現が可能です。実機を見たら、「このプリンターでこんな商品が作れるんだ」と加工ビジネスの参考になるかも。
また、スポーツウエアやチームステッカーが製作可能なPrint&Cut溶剤プリンター「VS-300i」も出展予定です。

 

ローランド ディー.ジー.の展示ブース(昨年の展示会の様子)

ローランド ディー.ジー.の展示ブース(昨年の展示会の様子)


 

彫刻機やレーザー加工機などの製造システムを取り扱うグラボテック。ブースでは、金属素材へのレーザー加工、コンパクトで高速・スピーディーなコンピュータ彫刻機、高級感のある箔押し機を展示します。グラボテックは、「お客様の課題をヒヤリングし、その場でデモを実施し、課題解決のご提案をいたします。素材をお持ちいただければ、その場でサンプル作製も可能です」とのこと(要相談)。「この素材に綺麗にプリントしたい」「仕上がりが気になる」という方は、この機会をお見逃しなく!

 

グラボテックの展示ブース(昨年の展示会の様子)

グラボテックの展示ブース(昨年の展示会の様子)