日本最大・スタンプビジネスとウエアプリント、オリジナル&SPグッズの商材&製造機器が一堂に集う展示会

大阪

2024

1/24(水)

1/25(木)

大阪・本町
マイドームおおさか C・Dホール 2F

06-6924-6655 お問い合わせ 06-6924-6655
2023.12.25

【OGBS大阪2024】各社DTFプリンターが大集合。実機を見比べるチャンスです


 
ここ数年、ウエアプリント業界で話題を集めている「DTFプリンター」。2024年1月に開催される「オーダーグッズビジネスショー大阪2024(OGBS大阪2024)」でも、様々なDTFプリンターが会場に展示されます。

 

「DTFプリンター」とは、専用フィルムにインクジェットプリントしてホットメルトパウダーを塗布、熱乾燥させることで転写フィルムを製造できるマシンです。
その転写フィルムは、Tシャツなどのボディに載せて熱プレスすると、デザインだけが転写できます。フィルムのカットやカス取り、リタック作業が不要なので、ウエアプリントの生産効率をアップできる製法として注目されています。
この記事では、OGBS大阪2024でDTFプリンターを展示する出展社をピックアップします。

 

ユーロポートは、DTFプリントシステム「MUSE」を出展します。
これはミマキエンジニアリング製のDTFプリンター「TxF300-75ep」とユーロポートのシェイカーで構成されたDTFプリントシステム。800mm幅の印刷に対応しているので、生産性を高めたいユーザーは注目でしょう。印刷速度は高速モードで10m²/h(4pass)。純正RIPの採用で色の再現性が高いのも特長です。

 

OGBS2023に出展したユーロポートのブース


 

イメージ・マジックは、DTFプリンター「Trans Jet」シリーズや周辺機器、回転プレス機+ロボットアーム等を出展します。
前回のOGBS2023では、シリーズ最速のスピードを誇るハイグレードモデル「Trans Jet DTTS-602シリーズ」が展示されました。今回も実機が見られるかもしれませんね。
もう1つ注目したいのが、回転プレス機とロボットアーム。このシステムを使えば、熱プレスから転写フィルム剥がし、ボディ脱がしまでの工程を自動化できます。DTF転写の生産量を高めたいという方におすすめでしょう。

 

OGBS2023に出展したイメージ・マジックのブース


 

アステムは、DTFプリンター「ART JET」やDTF関連商品などを出展予定です。
前回のOGBS2023では、最新機種「ART JET EX」を出展し、多くの来場者で賑わいました。CMYK×2+W×2の4ヘッドを搭載した高速プリントモデルで、標準プリントで16㎡/h、高精細プリントで12㎡/hと速度がアップ。DTF転写の生産力を上げたい方は注目の機種です。また、同社はDTF転写に役立つ空圧式垂直稼働プレス機(スライド、シングル)も展示する予定です。

 

OGBS2023に出展したアステムのブース


 

ローランド ディー.ジー.は、DTFプリンター「VersaSTUDIO BN-20D」を展示予定です。コンパクトなデスクトップ型なので、狭いスペースにも設置しやすいのが特長。綿の他、ポリエステル、綿ポリ、デニム、レーヨンなど様々な生地に小ロットからプリント可能です。また、カッティング機能も搭載されているので、カッティングマシンとしても使用できます。
また、ローランド ディー.ジー.はUV-LEDプリンターや溶剤プリンター、メタルプリンター、レーザー箔転写機、各種サンプルも出展予定です。オリジナルグッズ作りに役立つシステムが揃うので必見です。

 

OGBS2023に出展したローランド ディー.ジー.のブース


 

ミマキエンジニアリングは小型モデルのDTFプリンター「TxF150-75」を出展します。卓上で扱える手軽さと、導入しやすい価格が魅力です。最大印刷幅80cmに対応し、専用の熱転写顔料インク「PHT50」を5色搭載しています(CMYK+白)。
同社は他にもUVプリンター「UJF-6042MkⅡe」を展示します。 A2サイズ&高さ153mmまでの素材にUVプリントできるので、オリジナルグッズ製作の幅が広がるでしょう。

 

OGBS2023に出展したミマキエンジニアリングのブース


 

パイオテックは「PT-Jet DTFプリンター XPD-724」、「Mimaki DTFプリンター TxF150-75」、「PT-Jet DTFシェーカー 75cm/S200」を展示します。
PT-Jet DTFプリンター XPD-724は、同社国産プリンターの最新モデルです。インクの内部循環機能を搭載しているので、日々のメンテナンスが軽減できます。また、インク詰まりを抑える新型インクカートリッジを採用しています。インクはエコテックス(OEKO-TEX)認証を取得しており、安心して使うことができます。

 

OGBS2023に出展したパイオテックのブース


 

バードランドマシンはDTFプリンター、小型UVプリンターを展示します。前回のOGBS2023では、全自動一体型で100万円台を実現したDTFプリンターと、A4サイズのコンパクトなUVプリンターが披露されました。今回はどんなマシンが見られるのか、ぜひブースを訪ねてみてください。

 

OGBS2023に出展したバードランドマシンのブース


 

今回初出展のMANPROTEKは、韓国製のDTFプリンターを出品。「GRAVITY Transfer System(DTF)small type」、「PRINTERA STUDIO(UV DTF)」を披露します。また、ヒートプレス機「Thunderhammer Dual Heat Press」も出展します。
 

その他、クイックアート、セルカム、ダイヤモンドマーク、テクノプロモーション & Stahls’ Hotronix、トーヨーコーポレーション、宝來社などがDTF関連の資機材を出展する予定です。