日本最大・スタンプビジネスとウエアプリント、オリジナル&SPグッズの商材&製造機器が一堂に集う展示会

大阪

2023

1/25(水)

1/26(木)

大阪・本町
マイドームおおさか 1F

06-6924-6655 お問い合わせ 06-6924-6655
2022.12.26

ウエアプリント・刺繍に便利な製造システムが大集合!OGBS大阪2023の見どころ

Tシャツやユニフォーム、タオルなどにプリント・刺繍するとき、様々な製造システムが必要です。そんなビジネスに役立つマシンが、オーダーグッズビジネスショー大阪2023(OGBS大阪2023)に勢揃い!
 
この記事では、展示会に出展予定のウエアプリント関連機器をまとめて紹介します。ウエアプリントを展開している方や、これからビジネスを始めたいというビギナーは、最新マシンの情報収集にお役立てください。
 

ブラザー販売は、ガーメントプリンターや刺しゅうミシンなど、ウエアプリントに役立つ機械をラインアップする予定です。以前のOGBS大阪2022では、刺しゅうミシン「PR680W」と「PR1055X」の加工実演をおこなったほか、豊富な刺繍サンプルを展示しました。「PR1055X」はカメラ機能など様々な使いやすい機能が搭載されているため、これから刺繍ビジネスに取り組みたいと考える来場者から人気を集めました。
 

OGBS大阪2022のブラザー販売ブースの様子


 

エプソン販売は新製品の昇華転写プリンター「SC-F6450H」や、ガーメントプリンター「SC-F2150」、カラーラベルプリンター「CW-C6520シリーズ」を展示します。
「SC-F6450H」は前回のOGBS東京2022で初披露された機種。ライトシアン、ライトマゼンタなどインク6色を搭載でき、繊細なグラデーション表現を可能にしました。ブースでは蛍光イエローと蛍光ピンク、オレンジとバイオレットによる昇華プリントサンプルも紹介されました。
 

OGBS東京2022のエプソン販売ブースに展示された「SC-F6450/F6450H」


 

上野山機工は、ブラザー製のガーメントプリンター「GTXpro」や自動前処理剤塗布装置「Cube2」、自動折りたたみ機「FX25s」(Thermotron社製)を出品。ブースではガーメントプリンターの他、効率的にプリントできる周辺設備もまとめてチェックできます。また、クラボウテクノシステムズとの協同出品による調色器「X-PROTINT」も展示される予定です。
 

OGBS東京2022の上野山機工ブースの様子


 

クイックアートは、白トナープリンターや小型DTFプリンターを展示予定です。前回のOGBS東京2022でも、白トナープリントとDTFプリントについて、ウエアのサンプルやパネルを飾って分かりやすく紹介。ブースには多くの来場者が訪れました。今回の大阪展も楽しみですね。
 

OGBS東京2022のクイックアートのブースの様子


 

刺繍機メーカーのバルダンは、ビジネス用途に向けた業務用刺繍機を展示します。ラインアップは、単頭式刺繍機 「BEKT-S901CA Ⅱ」、単頭式刺繍機「BEKT-S501CB Ⅲ」。また、刺繍データ作成ソフトの 「Wilcom Embroidery Studio」や刺繍サンプル、刺繍枠の展示などもおこなわれる予定です。刺繍ビジネスに興味がある、取り組んでみたいという方は必見です。
 

OGBS東京2022のバルダンブースの様子


 

OGBS大阪2023には、転写用のマーク生地を扱うメーカーも出展。ウエアプリント関連の製造システムも展示されるので、ブースを訪ねてみましょう!
 

ダイヤモンドマークは、転写加工ビジネスに役立つ製造システムを展示します。OKI製のカラープリンター「VINCI」、ブラザー製の刺繡ミシン「PR680W」、ミマキエンジニアリング製のカッティングプロッター「CG-60AR」、プレス機など。転写に必要な製造システムが揃うので、プリント加工業者は要チェックです。
 

OGBS東京2022のダイヤモンドマークのブースの様子


 

宝來社は、イメージ・マジック製のDTFプリンターと同社プレス機の組み合わせによる「トランスジェット DTTS-302+プレックスCL型」を出展します。その他、ハリロンコンパクトレーザー加工機、マーク生地 サブリックスシリーズ・ラバーシート DX-ONEシリーズ、 オーダーグッズ関連資材も出品予定です。
 

OGBS東京2022の宝來社ブースの様子