日本最大・スタンプビジネスとウエアプリント、オリジナル&SPグッズの商材&製造機器が一堂に集う展示会

東京会場・大阪会場
06-6924-6655 お問い合わせ 06-6924-6655

厚物UVプリンター2機種と新活用法提案

オーダーグッズ製作に欠かせなくなった厚物UVプリンターも、オーダーグッズビジネスショー2016での注目システムです。

厚物UVプリンターはオーダーグッズ業者注目のシステム

厚物UVプリンターは、UV光で硬化する特殊なインクをプリント出来る機械で、厚みのある様々な素材に直接プリントできるのが特徴です。木やプラスチックはもちろん、アクリルやガラスなどにもプリントすることができるため、多くのオーダーグッズ業者から注目されています。

オーダーグッズビジネスショーでは、㈱ミマキエンジニアリング、ローランド ディー.ジー.㈱の2社が開発した厚物UVプリンターを見ることができます。

㈱ミマキエンジニアリングでは、UVプリンター+αで付加価値のある商品を紹介する予定です。他にも昇華転写プリントシステムを出品予定で、オリジナルファブリックプリントでOGBSの可能性を提案する予定。同社の名機「UJF-3042」シリーズは、後継機の「UJF-3042MkⅡ」の発売が発表されたばかり。こちらの機種が出品されるかは不明ですが、気になる所です。

ミマキエンジニアリングのUJF-3042FX

ローランド ディー.ジー.㈱はワイドサイズの「LEF-300」を出品予定。LEFシリーズは12、20、300と進化を続けてきた機種で、消費者やショップ、工場のイメージを形にするための機械として評価されてきた機種。ワイドサイズの「LEF-300」のプリントクオリティ、速度がどれほどのものなのか、展示会場で確かめてください。

LEF-300_eps

他にも厚物UVプリンターを出品するのが、㈱シマヅとユーロポート㈱。㈱シマヅはローランド ディー.ジー.㈱の「LEF-20」などを使って、オーダーグッズビジネスを簡単にはじめることができる「モノプリ」を紹介する予定。ユーロポート㈱は「LEF」シリーズとレーザー加工機を組み合わせて、プリント&カットでのモノづくりを提案する予定。

ただ厚物UVプリンターを見比べるだけでなく、それらを使ってどんなビジネスを展開するのか、そのヒントを得る場としても役立ちそうです。