日本最大・スタンプビジネスとウエアプリント、オリジナル&SPグッズの商材&製造機器が一堂に集う展示会

東京

2022

9/28(水)

9/29(木)

池袋 サンシャインシティ
文化会館2F・展示ホールD

06-6924-6655 お問い合わせ 06-6924-6655
2021.12.23

ウエアプリント&オリジナルタオルの製作をサポートする下請け業者!OGBS大阪2022に出展する5社を紹介

OGBS大阪2022にはウエアプリントやタオルの加工をおこなってくれる下請け会社が多数出展します。
下請け会社と一口に言っても、シルクスクリーン印刷を得意とする業者から、昇華転写のフルカラープリントに力を入れる工場まで、会社によって特徴は様々。彼らとタッグを組むことで「大量ロットの注文が入った」、「自店では加工できない製法で頼まれた」……などの悩みを解決できます。ぜひ各出展社ブースを訪れて、貴店に合った下請け業者を見つけてください。
 

エドバンファクトリーは、シルクスクリーン印刷をメインに、多種多様な製法でウエアプリントをおこなう総合下請け工場です。あらゆるプリント方法に精通した技術力の高さで信頼を集めています。また、シルクスクリーン印刷とガーメントプリントを組み合わせた新しい製法も構築。ガーメントプリンターによるグラデーションなどのフルカラー表現と、シルクスクリーン印刷によるラメ、蛍光、発泡などの特殊インクでの表現の掛け合わせを可能にしています。ブースでは、各種ウエアやグッズなど高品質なプリントサンプルが展示されます。

OGBS大阪2020に出展したエドバンファクトリーブースの様子


 

スパークルは、シルクスクリーンプリント、インクジェット、転写、カッティングシート、刺繍など、繊維製品の総合加工業です。クラスTシャツや文化祭用のパーカー、ブルゾンなど学校関連のプリントを得意としています。そういったノウハウを活かして、繊維製品の完全オリジナルの製造もおこなっています。「別注品をオーダーしたい」というウエアプリント業者にとって頼りになる存在です。
最近はウエアプリントの他、アクリル商品の製造にも力を入れています。気になる方は問い合わせてみましょう。

OGBS2020に出展したスパークルブースの様子


 

高品質なプリント技術で、オリジナルユニフォームなどのグッズを製作する絆工房。生地の風合いを損ねずにフルカラープリントが可能な昇華転写プリント「デジ染め」を用いたグッズサンプルを紹介します。デジ染めでしか成し得ないグラフィックと生地の掛け合わせに注目です。また、ポリエステル塗装面への昇華転写プリント例も展示します。
また同社はフルオーダーの全面昇華転写が得意。デザインからプリント、縫製まで自社工場で一貫生産しているので、質の高い小ロット生産が可能です。

OGBS2021に出展した絆工房ブースの様子


 

シルクスクリーン印刷を主とした各種ウエアプリント加工をおこなうTWENTY。紗張りから製版、シルクスクリーン印刷までを一貫しておこない、全国からウエアプリントの下請け注文を請けています。見積りが複雑なシルクスクリーン印刷工場が多い中、同社では「版代5,000円」、「10枚以上はワンプリント100円」、「プリント箇所ごとに100円」といった明確な価格設定を設けています。注文する側にとってわかりやすく、初心者にも良心的です。
ブースでは実際に製作したプリントサンプルを見ることができます。ウエアプリントを始めたいけど設備やノウハウがないと悩んでいる方は、TWENTYをぜひチェックしてください。

OGBS2021に出展したTWENTYブースの様子


 

新居田物産はオリジナルタオルのエキスパートです。独自開発の専用タオル生地に染料インクジェットプリントすることで、版代不要&小ロットでフルカラー表現が可能。グラデーションや写真画像のプリントも鮮明に表現できます。また、同社はインクジェットプリント用の今治タオルを製造しており、高品質なタオルをオリジナルで作ることも可能。オリジナルタオルについて相談したい、という方は、ぜひ同社ブースに足を運んでみましょう。ブースには様々なタオルの製作サンプルの他、サウナハットも展示される予定です。

OGBS2021に出展した新居田物産ブースの様子